つり天狗ヤナイ スタッフ釣行記

つり天狗ヤナイスタッフによる釣行記です!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

初の大島ナイトアジング!

こんにちは、2階スタッフの栗原です。

12月8日の仕事が終わって、先輩の村山さんとボートアジングに行く予定でしたが、予定を立てていた頃より
どんどんと波、風が怪しくなり、当日は晴れはしていたものの、まさかの?やはりの?欠航・・・( ̄□ ̄;)!!
うちの2階スタッフはシケ男が多い為、船での釣りはなかなか成立しません(笑)

自分は火曜の夕方から水曜にかけてお休みなので、予定が空いたため仕事終わって急遽、
今回は兼ねてより願望があった宗像の大島で一泊のナイトアジングに1人で行って来ました!ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ

1人でフェリーとか乗らない&普段の釣行と違い車とかのベースキャンプも無い為、不安もありました。

神湊よりギリギリ最終便に乗り、19時過ぎに到着。
それから、村山さんに聞いていたポイントに向かうも、既に暗いため、携帯でナビ頼りに歩きましたが、遠すぎ!
途中、途中荷物を乗せたカートがガラガラうるさくなるところがあったため、その都度抱えて歩いたり、
夜通し外に居る事になるためにしてきた防寒対策が逆効果で汗だくになりました(笑)
アジングと言っても、離島で車も無いと意外と荷物が多くなります。
自分はキャロ用とジグ単用の2種類のタックルと、ウエストタイプのライフジャケット、クーラー、水汲みバケツ、発砲クーラーにご飯類を入れて行きました。
発砲クーラーはカートでキュッキュッ鳴る為、うるさくて失敗でしたね(-。-;)

ようやくポイントに着くと、満潮の潮止まりくらいでしたが、思っていたより水深もない感じ+風が強い!でしたが、まずはオニギリを食べて、道具の準備。
ラインを通して、まずはジグ単の1gでキャスト!
エステルの0.2号を使ってますが、風が強く多少煽られるので、巻きメインでレンジを変えつつ数投してると、まずはメバル!
サイズは小さいですが、メバルはカワイイし、カッコ良くもあり、癒されますね。(o ̄∇ ̄o)

yy.jpg

その後もただ巻きメインで、2秒で1回転くらいに、3回くらい回したらワームがブレるくらいにチョンチョンとアクションさせてるとゴッ!
キター!すぐにこれはアジだと確信!
慎重に寄せ抜き上げると、22cmでした。v( ̄ー ̄)v

uu.jpg

結構簡単に釣れたので、アジングで有名な離島の凄さを実感しました。
まだクーラーに海水を入れて間もなかったので、クーラーの海水が冷えるまで、一旦水汲みバケツにアジは入れ釣り再開。

それから何投かで、またすぐに同じ所あたりでアジがHIT!
今度も抜き上げ、さっきよりサイズが良くなった♪と思ったら、リーダー部ではなくエステル部分を持って魚をグリップで掴もうとしてしまったため、
暴れた際にエステル部が切れ、アジは転げて海にお帰りに・・・
テトラで釣りしてるため、やらかしました・・ガ━━━━━━━∑(゜□゜*川━━━━━━━━ン!
アジに申し訳なく思い、リーダーを組み直し再開。
ただ巻きにチョンチョンだと、メバルも数匹混じってきたので、フォールメインで、L字アクションをしてると、コン♪と。
さっきのサイズアップしたのと同じくらのアジGET!
ばっちり奥まで吸いこんでました。
先程の失敗をしないようにグリップで掴み、針を外し1匹入っているバケツに入れると、暴れまくって、もう1匹の背中に乗る感じでまさかの飛びだし、
またしても海にお帰りに・・・・
連チャンで大事なアジが消えると凹みますね。

最初のアジが釣れてからのこの間、あまり時間は経っていませんでしたが、もう逃げられたくないのでクーラーにアジを入れ、
釣れたらすぐにクーラーに入れる作戦に変更!
バケツは手洗い用にしました。
その後もグリップで掴み損ねて帰るアジが1匹、足元でバラシちゃうアジが2匹と増え、毎回ながら自分の下手くそさにウンザリ・・
でも途中20cm切るくらいのメバルも釣れ喜びもありました

風が更に強くなってきたため、タックルを変更し、キャロ用のタックルでSキャリーを使用。
真横気味の風になったので、操作しやすいように風に向かってキャストし、Sキャリーの抵抗を感じつつ、L字をしてるとコンっ♪
キター!!!
ギュンギュン走って楽しいですね~(⌒~⌒)
抜き上げ、グリップで掴みサイズを測ると25cm。

uuu.jpg


すぐにクーラーに入れ、同じ所に同じアクション、同じレンジでまたHIT!
再現性のある釣りが楽しい!!テンション上がりまくり!!


だいぶ潮が下がって来た23時ごろ?、急に海が明るくなり何かと思うと、堤防挟んだ後ろで漁師さんたちが漁の準備をされてました。
海面が明るくなってすぐに、明るい所はライズがあちこちで起こりだしました。
正体を探るべくそのままのタックルでキャストし、ただ巻きメインで表層を探ると、正体はメバル。

yyy.jpg

練習代わりに、表層でチョンチョンとして風で流す、風ドリフトで努涛の連チャン!
いじめるみたいで申し訳なかったですが、1投1匹ペースで、このパターンだけで20匹以上釣りました。

船が出船すると、ライズも落ち着き沈黙・・
アジも釣れなくなったので、24時半ごろ仮眠。
しかし、寝る場所もなく、堤防を背もたれにして座って寄りかかって寝てましたが、キツイ!!
村山さんはどこでどうやって寝てるの???Σ(゜д゜;)
寒くもなってきたので、カイロを貼り、数分~数十分程、目を閉じてて、寝たか分からないけど、寒いので釣り再開(笑)

ジグ単で色々試すも水が減り過ぎて、今までのポイントが根がかりするようになってきて、キャロタックルに変更しSキャリーもフロートに変更。
しかし釣れない・・・
場所をほんの少し移動し、ジグ単に戻し、小メバルを数匹追加して結局終了。
1便で帰ろうと思ってたので、6時頃片づけを始め、来た道を戻り、フェリーに乗り込みました。

今回は初の大島ナイトアジングでしたが、楽しい半面キツイですね
あまりにも寒さが無理だったら、海上タクシーで帰る事も考えてましたが、なんとかやり遂げました。
最終的にはアジが6匹とメバルは31~32匹?でした。

u.jpg

メバルは多いですね~。アジは逃げられたの無ければ、自分もツ抜けだったのに・・・ヽ(TдT)ノ

今回の釣りはやはり小さいネットが必要でしたね。反省点もありますが、楽しかったです。

次回はどこで何を釣るか分かりませんが、またご報告します。

長くなりましたが失礼します。  栗原




スポンサーサイト

釣行記 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。