つり天狗ヤナイ スタッフ釣行記

つり天狗ヤナイスタッフによる釣行記です!

若松釣行

お久しぶりです、2階スタッフの栗原です。

釣りにはちょこちょこ行っておりますが、大した釣果がありません・・・
しかし、ブログも放置し過ぎなため、前回の若松への釣行報告です。

8月26日(金)の夜明け前から、若松へショアからのタチウオ調査に行ってきました。
博多湾でのオフショアタチウオゲームは好調ですが、ショアから釣りたくて、前年等の情報ですが、
釣れないかと思い釣行へ!

ポイントに着いたのが朝方4時過ぎで、満潮から下げ出したくらいでした。

早速、ワインドでセッティングを済まし、キャスト開始。
1度、底を取り、シャクリ上げてきます。
暗いうちは全く反応もなく、浅かったので、すぐに場所を少し移動し、次のポイントでもワインド。

こちらの方が風も強く、向かい風でしたが、数投してるとエソがHIT!

その後も、エソがワインドで当たってきます。
サイズも大きくても30cm程度で小さい・・・。

またポイントを移したのですが、そのポイントでは、小バエのような?羽アリのような?ブヨのような?小さな変な虫が
釣りをしてると頭の周りを複数で飛び回り、首や肩などを一斉に襲われ、あまりの痛さと痒みですぐに撤退!!
何ですかね?あの虫は・・・パニックになりそうなくらいヤバかったです。

その後も最初のポイントに戻り、エソはちらほら釣れながらも、ジグにしたり、バイブレーションにしたりと替えていきますが、
本命は出ず、気づけば最干潮辺りに・・・
すると、急に目の前のキャストが届く範囲でボイル発生!!!
すぐさま付いてたワインドを投げるもアタリなく、手返しも悪い為、バイブレーションに変更。

ボイルは収まり、あちゃーと思い、巻いてると急にガツンと!!
まだおったー!!と思い、慎重に巻いてきてあげると、なんとサゴシ!
30cmくらいでしたが、まだ情報を聞いたりしてなかったので、ビックリでした。
それからも、キャストを繰り返し、手法を変えようと、ボトムまで落としてからの、5巻きくらいでカーブフォールとしてると、
フォール中に引ったくって行かれ、2匹目GET!
aa_20160829115010646.jpg

こっちは少し大きくて、よく引くし楽しかったです。

しかし、納竿時間も近かったので、これにて終了。
後から知りましたが、この日からちょうど他の方もサゴシ出てるみたいですね。

今回は違う魚でしたが、これはこれでチェック出来て良かったです。

今回も若松でしたが、当店近辺も朝方などは、キスや豆アジなどはもちろん、中アジやネリゴ、サゴシ、セイゴなど情報増えてますよ。
小イカ釣りも流行ってるみたいですね。

次回はちゃんと、本命が釣れる所に行こうと思います。
あと、皆さんも海だからと自分の様に侮らず、虫よけスプレーは持って行ったが良いですよ。
正体分かりませんが、夏の夕方に田んぼ道通ると頭の周りにたかるあんな感じの虫が刺す?咬む?んです。
あれに一斉にあちこちやられると、マジでパニくるくらい痛いです。
数日経ちますが、まだ痒いですし・・・

それではまたなるべく近いうちに更新頑張ります。  栗原
スポンサーサイト
釣行記 |

能古島周辺にてタチウオジギング

 久しぶりのブログ更新となります、スタッフの村山です。
今回は前々から一度行ってみたかった博多湾でのタチウオジギングへと行ってきました。
弘漁港から出船しています遊漁船「ガルフ」さんにお世話になりました。
朝5時に出船してすぐにポイントへ到着。周りを見渡すと今年タチウオが好調と言うこともあり、かなりの船が集まってきてました。
船の数に驚いていると、「これでもまだ少ないほうだよ。」と船長さんが言っていました。
そんなこんなで釣り開始。ジグを落としてワンピッチで細かく動かしていくも自分の竿には反応なし。同船者の方はすこーしずつ釣れ始めていました。こそっと周りを観察してジグの色を変更し、動かし方ももっと大きくゆっくりにして数回に1回ステイさせるようにしてみたら、これが良かったのか自分にもヒット、念願のタチウオは指4本とアベレージサイズでした。
そこからは細かくポイントを移動しながらカラーもローテーションして少しずつ釣れる感じでした。
結果的には10匹とちょっと少なかったですが小型でもグイグイ引いてくれるのと、食い上げも多くバレと思ったりしてスリリングで面白かったです。
まだまだ8月いっぱいは好調の釣りなので是非皆様もチャレンジしてみてくださいね。
IMG_0121.jpg

釣行記 |

近場のサーフで投げ釣り

 こんにちは、スタッフの村山です。
最近はかなり暑くなってきましたね。釣り物もいろいろ変わってきて夏本番といった感じですので、休みの日に夏の釣りの本命でもあるシロギス釣りに行ってきました。
ちょっとした山道を抜けて釣り場まで到着です。この砂浜は根がかりしにくく投げ釣りをするのにやりやすいので昔から通っていました。
まだサイズが出てないと言う事なので、7号の5本針にゴカイを小さめにセットして準備完了。さっそく投げて巻いて止めてを繰り返すと、早速コツコツとアタリがありました。そのままゆっくり巻いてると少しずつ重みが増していき、あげてみると4匹掛かっていました。
幸先よく釣れたのでエサを付け直して再度キャスト・・・またすぐ反応あり!と言った感じで数を増やしていきました。
50匹程釣れたところで今日の秘密兵器を準備します。もう1本の竿におもりをつけて泳がせ仕掛けをセット。ちょうど釣れた小さめのキスの口に針をさして海へ投入し、ドラグをユルユルにして放置です。放置してる間も投げ仕掛けの方でキスの数はどんどん重ねていきます。するといきなり泳がせのリールがジジジーと勢いよく出ていきました。持ってた竿を泳がせの竿に持ち替えてドラグをある程度締めてフッキング・・・成功もまだ糸が出ていきます。下巻きの糸が見え始めたぐらいで出ていくスピードが止まって来たのでそこからゆっくり寄せていくもののすっごい重いです。なんとか寄せては糸を出されてを繰り返してようやく姿が見えてきました。なんとかなり大きいエイです・・・尻尾が危ないのもあり仕方なくリリースです。
シロギスをセットし直しドラグを緩めて再度放置。投げ釣りの方はコンスタントに数を重ねて100匹に到達するもやはりサイズは伸びません。夕方になってきたところまたも泳がせ仕掛けにヒット。先程よりは引きませんが慌てずにフッキングして取り込み完了。35㎝程のヒラメでした。ここから10匹程キスを追加したところで終了となりました。今年はサイズは小さいものが混じるもヒラメ・マゴチが好調なので皆様もやってみてはいかがですか?
IMG_0118.jpg

釣行記 |

お昼前からのタイラバ!

こんにちは、スタッフの村山です。
今回はお昼前からゆっくりとタイラバへ行ってきました!
お世話になったのは奈多漁港にある遊漁船の「雅」さんです。
ちょっと早めの10:30に到着すると、船長さんが船の準備をしていたので早速ご挨拶し、最近の状況などを聞くことに。
「潮が動いてない状況は厳しいけど、動き出したら魚のスイッチが入って釣れだすよ」との事でした。
話をしているうちに人数も集まったので、3人にて出港です。ここの船は小さな遊漁船ですので、2~3人での釣りがベストだそうです。ホームページもありますので、皆さんもチェックされてみてください。
この日は波もなく日差しもそこまでキツくないと言う絶好の釣り日和だったのでやる気も上昇しておりました。
釣り場に到着し、船長さんの指示で80gを落とすことに。何度も落としていると、船長さんが早速小さいながらもアオナをかけました。
その後は1時間ちょっと反応がなく海の様子を見ながら続けていると、少し遠くの海面に2個なにやら三角形のものが飛び出していました。船長さんに何か尋ねるとシュモクザメとの事(・oノ)ノ サメがいると言う事は周りにベイトとなる魚もおるよーと言われてたので集中し直しました。
そこからもう30分程過ぎたところで、何やらさっきまでよる底が取りにくいと感じ潮が動いてるのかな?と思いながら巻き上げた瞬間、竿にゴンゴンと突っ込むアタリが!そのまま巻き続けると何度もドラグを出しながら突っ込むのでしっかりかかっている事を確信。慌てずやりとりして54㎝の真鯛ゲットです!
お次は同船者が中層ぐらいでアタりがあり、45㎝ほどの真鯛を釣られてました。
そこからは潮が動かなくなって反応も消えてしまいました(´・ω・`)
ポイントを流し直しながら日が傾きかけた頃にまたもや底の方でガツンとアタリがありました。今回は先程の真鯛の引きとは少し違う感じだったので何がかかった?と思いながら上げてみると1kgオーバーの甘鯛キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
今回の裏の狙いであった甘鯛が釣れたので良かったです。
同船者が真鯛をもう1匹と船長がシーバス(タイラバで)を釣りあげた所で、最後に別の場所で短時間だけどやってみようとの事。
船を走らせ、先程より浅場に到着。仕掛けを落とすと1発目から当たりました。そこまで大きくないなと思いながら上げるとアラカブちゃんでした。針を外して残りの時間集中・・・・してると船長から声が!振り向くとかなり竿が曲がってます。根魚だろうし魚礁に潜られたらまずいとの事だったのでドラグをしめてファイト・・・上がって来たのは良型のアコウでしたヽ( ´ー`)丿
この後粘るもこのまま終了となりました。
今回は小潮だったのもあり、潮が動きにくく数が伸びない状況でしたが、それでもなんとか釣れました。
次回はもうちょっと潮の動く時を狙ってきてみようと思います。
 
IMG_6166.jpg

今回の釣行渋い中でも<ギアラボ>のポラジックフィルムと言うフィルム状のネクタイが大活躍でした。皆さんも是非試されてくださいね!
釣行記 |

またまた近場で!

こんにちは、栗原です。
今回も近場での釣果情報です。

6月9日木曜日の夜に、近場の堤防に、2人でアジゴ釣りに行きました。
型は小さいと聞いていたし、前の日にアジングで9.5cmと自分の最小アジを釣っていた事から、サビキは3号と極小の1号を用意し、
潮回りは中潮での釣果です。
干潮が19時過ぎで、20時くらいから行き、釣り開始。
周りにはエギングされてる方が多数居ました。

とりあえず、様子見と思い、3号のサビキをセット!
アミをカゴに詰め、落とすこと2回くらいで、すぐにアジゴの群れが!!!(ノ゜ο゜)ノ オオオオォォォォォォ-
するとすぐにHIT!!(^▽^)/
6本のサビキに対して、1~2匹しか掛りませんが、どんどん釣れます。
子サバが混じったり、メバル、チャリコ、メイタ?も混じりました♪(* ̄∇ ̄*)
途中、途中、猫にアジゴを奪われそうになったり、周りでもイカやタコが釣れたりしてました。
エビやカニ、ゴンズイが泳いで来たりと観察してるだけでも夜の海は面白いですね~

最終的に24時くらいまで釣りしちゃいましたが、今季初のアジゴ釣りで2人でアジゴ60匹くらい、子サバ1匹、メバル2匹、チャリコ1匹、メイタ?1匹と
釣れたので、満足満足♪
アジゴと子サバしか持ち帰りませんでしたが、南蛮漬けにして美味しく頂きました♪(゜▽゜*)▽゜*)▽゜*)▽゜*)▽T*)
サビキは3号で今回は事足りました。
!cid_E3F925105DC7447AB297344566ADA79C@yanai2PC.jpg

それから数日後の6月9日土曜日は、今度はエギング♪((o( ̄ー ̄)o)) ワクワク
またまた朝勤の仕事終わりに近場の波止での釣りです。
潮回りは小潮、満潮が14時くらいで下げ出しを狙おうと、ゆっくり準備し、14時半頃から出動。
土曜日で天気も良かったので、ファミリーや釣り人は多かったですね~。
でも人が増えるのは良いけど、ゴミが増えるのは勘弁してほしいですね・・・
特にうちの値札が付いた商品のゴミを見ると、テンション下がります・・・Σ(д゜||)ガーンΣ(  ||)ガーンΣ(||゜д)ガーンΣ(||゜Д゜||)ガーン

とりあえず、空いてた先端付近に入り、足元を2~3投軽くチェックして、居ないのを確認し、沖の藻場にキャスト!
ゆっくり沈め、まずは簡単にチェックしてると藻が付いたので回収。( ̄Д ̄;;
もう一度ほんの少し横に着水点をズラし、キャスト。
フリーでカウントし、藻の上辺りになるかな?くらいから、2回シャクリ、またフリーで落とします。
その次に、強めにシャクリ、エギを一気に素早く移動させてから、ギュン!ピタッ!ってその場で沈まず止まるくらいのテンションフォールさせたら、グイッと持ってかれました!!Σ(゜д゜;)
開始早々での油断+よそ見してたので、慌てて合わせると、重みが伝わり安心。\(o⌒∇⌒o)/
開始5投目くらいでイカGET~!!♪

!cid_397FE2EC2FE547809BE59E6383D2E3FB@yanai2PC.jpg


前回同様、サイズは無いし、メスだったので、一旦撮影のため抜き上げましたが、すぐに足場が低いところでリリース。
ホント、オスがいませーーーーん( ̄ー ̄?).....??

幸先良くて、テンション上がるし、ドキドキでしたが、それからは沈黙・・
足元辺りを今回も前回ぐらいの5~600gくらいのイカが悠々と泳いで回ります・・・(゜_゜i)

釣れる気配が無くなったので、手前に戻りながら数投し、16時前に納竿、帰宅。
型はともかく、最近は行ったらすぐに釣れてくれてるので、自分には奇跡的ですが、まだまだ釣れてくれたらいいな~。

また更新頑張ります。   栗原

釣行記 |
| HOME |NEXT