つり天狗ヤナイ スタッフ釣行記

つり天狗ヤナイスタッフによる釣行記です!

エビで○○を釣る!?

 こんにちは、スタッフの村山です。
久々の釣行記更新となりますが、釣りにはちょっと行ってました。大島・相島でアジングをするも豆アジのみに終わりブログを書くような結果が出せてませんでしたが、今回はやっと良いものが釣れました!
今回は前にお世話になった奈多の遊漁船「雅」さんにてタイラバへ行ってきました。
ゆっくり目の10時に出船。最近は時化が多くてなかなか出れないと言っていたので運よく出船できてラッキーでした。
船を走らせて目的のポイントへ到着しいざ釣り開始。
今年は鯛が良くないんだよ。との船長の言葉通り釣れはするもののマハタやアオナなどの根魚とイトヨリなどで、鯛の姿がなかなか見られません。
ポイントをこまめに変えながら釣りをすること1時間半程で同船者さんが小さな鯛を釣りその後すぐ次は食べて美味しいサイズの鯛をようやくゲット。
ここから連発!と思いきや釣れたのはイトヨリとアマダイで鯛の気配は無くなりました。
この辺から私は持参してたテンヤ用のエビを針に付けてタイラバをしてました。
 12時半ごろに2回連続でバラしがあったので次はしっかり針に刺すために大きなアタリでフッキングしてやろうと思い、エビをつけて落とし直しました。底を取り10m程巻いては落としてまた巻き直しているといきなり竿が突っ込むような大きなアタリがあったので一瞬間を空けてフッキングするとリールがジジジーと音立てて糸をおもいっきりだしていきます。これはデカイと確信したので無理に止めてはダメと思いどんどん走らせました。ゆっくりになったところで糸を巻いてはまた走ってを繰り返し100mちょっと出たところで動きがゆっくり気味になったので反撃開始。20m程巻いては10数m出されてを何回もしてやっと残り50mになったらまた30m程走る・・・超疲れる!!15分ぐらいファイトして魚も私も疲労気味。魚は特に弱ってた様子なのでここで勝負を付けようと指でスプールを抑えながらポンピングをしては糸を回収してどんどん魚を近づけていきます。魚も最後の抵抗で色々な方向に動きますが、船長さんが船を操作して船に糸がスレないようにしてくれました。ようやく魚体が見えるとクルクル回りながら上がってきます。タイラバにて初の青物が上がってきました。長時間をかけて無事タモ入れも完了してブリをあげることができました。
かかったらすぐに仕掛けを上げてくれた同船者の皆さんと船を巧みに操作してくれた船長には感謝です。
IMG_0131.jpg
3時頃になりポイントを大きく移動して少し浅場に移動して釣り再開です。
次はキジハタがどんどん釣れ出してお祭り状態に。底を取って巻き始めるとすぐにかかってくる状態でした。船が流れて船長が「そろそろ鯛のポイントよー」と言うとすぐに私の竿にコンコンコンと竿先が動きました。うまくノってくれてあげると35センチほどの鯛です!
周りも2匹ほど釣れてました。
日も暮れかけたころに最後のポイントにいくよーとまたも移動。
ここも活性が高く私は30センチほどのアラカブ2連発。周りもキジハタ・マゴチ・鯛をかけていました。
落として底をとりスローで巻いているとゴンゴンとアタって糸がまたも出されます。しかし大きそうなのにここで痛恨のフックアウト…
今のはでかかったなーと船長さんや同船者さんが言ってたので悔しかったですorz

18時に奈多に戻ってきて色々お話をした後解散となりました。
今回は色々な魚種が釣れてとても楽しめました。中でもブリはPE0.8号リーダー3.5号にロッド炎月プレミアムのB69L-Sリールオシアコンクエスト200HGでかけたのでスリル感がありヤバかったです!Lなので心配だったのですが青物を浮かせてこれる強さを実感しました。
このように魚種が豊富な釣りなので皆さんも是非タイラバに行きましょう!

IMG_0132.jpg





スポンサーサイト
釣行記 |

アジング調査 2016年10月

 こんにちは、スタッフの村山です。
今回はいつもプチ遠征先にしてる大島へアジングに行ってきました。
10月中旬となると例年良型のアジが釣れているのでそろそろかなーと思い夕方6時に大島へ到着しました。
ここから歩くこと20分ほどでいつものポイントへ到着です。
ささっとタックルを準備し釣り開始……なんか触ってるけどかからないorz
フックサイズを12番まで落として再開すると、小さなアタリにフッキング成功。上げてみると10センチほどの豆アジでした。
この時期にこのサイズかーと思いながら続けるもこの大きさしか釣れない…
アジが持って帰れるサイズではなかったのでエギングロッドに泳がせ仕掛けをセットしてアジをつけて放り込みながらアジングを続行。
数分後にドラグゆるゆるにして放置してたエギングロッドから音が鳴ります。急いでかけつけてフッキングすると何やら魚が掛かった様子。ドラグを締めながらあげるとそこそこのサイズのカサゴでした。
その後は泳がせ仕掛けが切れてしまったためアジング一本で再開。
するとここで大きめのアタリがあった後にリーダーが切られてました。
「リーダーから切られるとするとクサフグだけど夜だし違うよなー・・・なんだろう?」と考えながらジグヘッドを結び直し数投するとまたここで大きなアタリが!今度はしっかり掛けれたようで一定のペースで上げていくと20センチ程のアジっぽい魚体が見えました。「やっとそこそこのサイズのアジやん!これ続けばなー」とか考えつつ抜きあげて見てみると何やらおかしい。
たしかにアジっぽい魚体ですが、何やら全体的に茶色っぽく大きな口には鋭い歯も見えます。
ここで思い出しました。私が小学生のころ父親と一緒によく大島で夜にサビキ釣りをしていたのですが、秋~冬の時期だけはたまにサビキがハリス部分から切られる事が何回もありました。翌日帰ってクーラーの中を見てみると今回釣りあげた魚がアジに混じって釣れていました。なんていう魚だろう?と、魚図鑑を持ってきて調べた結果クロムツと言う事が分かりました。
すかさずリーダーを太くして再開するもまた切られ・・・その後はまた豆アジばっかりになってしまったので仮眠をして朝一にて帰宅です。
 
今回はアジも小さくそこまで数も釣れずに思い通りの結果が出なかったですが、久々に見たクロムツが収穫です。
シーズンはインしてると思うので遠くないうちにリベンジしてみます。
釣行記 |

シマノ新作ビーストマスター使ってきました。

毎度お世話になります。スタッフ吉田です。
涼しくなって釣りに行きやすいシーズンになってきましたね。
船釣りではそう、落とし込みのシーズンです!

今回はシマノさんより新作の

「ビーストマスター落とし込み」

「ビーストマスター3000XP」


こちらをお借りすることができたので試釣して来ました。
こんな感じです。
image1_201610210603269a4.jpg
うん、かっこいいです!

人気の落とし込みですが、いろいろと考え方があると思います。
たとえば、数釣りをしたい。いろんな魚を釣りたい。大物をつりたい。などなど。
その中でも今回の新作は大物釣りに特化した商品です。
みなさん止められなくて切られた経験があると思います。
この「ビーストマスター落とし込み」はそんなときに最高のパフォーマンスを出せるロッドだと思います。
振った感じでは分かりませんが、
魚がかかるとベリーのあたりまでしっかりと曲がってタメをつくり、
大物の強烈な引きをバットでしっかりと止める。
お世辞にもエサ付きの分かりやすさ、喰いこみの良さはいいとは言えませんが、
それを引いても余るほどの強力なパワー
今までの落とし込みロッドには無かった新しいコンセプトのロッドだと思います。
「今日はお土産は釣ったし、そろそろ一発大物を狙おうか」ってときに使ってほしいロッドです!

「ビーストマスター3000XP、3000XS」。
パワータイプとスピードタイプの2種類でついにリニューアルしてきました!
今回は3000XP、パワータイプを使ってきました。
前作を使ってる方はお分かりでしょうが、強いッ!ですよね!
で、今回はそれが強いッ!!!!って具合です(笑)
ドラグ力も20kgと大幅にアップしてるので、糸を出せないときには助かります。
瀬に向かって逃げる大物を、強力なドラグで止めて強力な巻き上げ力で魚をこっちに向かせる・・・。
なんとも頼もしいです。
根掛かりには気を付けてください。ロッドを折りそうなぐらい巻きますw
3000XSもエサが付かなかったときの回収やポンピングのときに凄くよさそうです。
こっちも使ってみたいですね。

で、今回の釣果はこれです。
image2_201610210603274b0.jpg
竿とリールに見合う釣果になりませんでした・・・。
シマノさんすみません・・・。腕が悪かったです・・・。
また、懲りずにいきたいと思います。
釣行記 |

釣り場開拓

 お久しぶりです、スタッフの村山です。
最近は天候が良くなかったのもあり、あまり釣りに行けてなかったです。アジもまだイマイチだったのでほかに何か釣れないかなと思い土曜の午前中だけ近所の川へハゼを釣りに行ってきました。
釣り場へ到着するも小さな川の為当然誰もいません。せっせとメバルロッドを用意して軽めのシンカーとちょい投げ仕掛けをセットしていざ釣り開始。5分もせずに竿に反応があったので即アワせを入れて取り込むと18センチとナイスサイズのハゼです!
その後も15~20センチのハゼと小さなセイゴが混じって釣れました。
釣りながら釣り場を観察していると、水深もそこまで無いうえに根がかりしそうな場所も特にないのでこの場所で今流行のハゼクラをやっても釣れるんじゃ!?と思いつきました。
次この場所に来る時は2個程ハゼ用クランクを忍ばせて来ようかなと思いました。
ハゼ釣り


釣行記 |

船イカ釣りにいってきました。



スタッフ吉田です。
久しぶりの更新です。
9月27日に幸丸でイカ釣りにお客様と行ってきました。
お昼の3時に神湊港から出港し、5時頃に沖ノ島沖に到着。
天気が崩れるのを全く感じさせない快晴で、気持ち良く釣りができそうです。
今回は電動1本とイカメタルを1本持ってきました。
電動をメインに潮を見ながらイカメタルもやってみようとの考えです。
電動にはスッテ8本仕掛けで、赤緑、ピンク帽、赤白帽など色々セット。
イカメタルには釣研のメタリスト赤白56g、デュエルのイージースリムをセットしました。

最初はぽつぽつとヒットして、イカが回ってくると付いてくる程度でした。
ちょっと暇なのでイカメタルもやってみることに。
当たりの出方がおもしろくて、
ティップにグンッと乗るアタリより、フワッとなる当たりの方が多いので結構繊細な釣りなだと思います。
で、バシッと合わせて乗った瞬間はきもちいーーって感じになれますw
皆さんがはまるのもうなずけます。釣った感じがいいですね。

そんなかんだでイカを少しづつ釣って行きました。
そのうち予報通り雨が降り出しました。最初の快晴が信じられないほどのドシャブリです。
電動もイカメタルもやりながらやってるとあっちこっち見ている感じでなんか変な感じに・・・。
急に船酔いのような疲れてしまったのか体調が思わしくなくなってしまいノックアウト。

フワフワしたまま12時過ぎに納竿となってしまいました。
釣果は40杯前後でさびしい結果となってしまいましたが、←(自分のせいです・・・。)
型も後半はまずまずで条件がそろえば100杯はゆっくり超える釣果は狙えます。
まだイカ釣りも楽しめますよー!
釣行記 |
| HOME |NEXT